うなキング/浜松・浜名湖名産うなぎ専門店 うなぎの井口

こんなお悩みはありませんか?
栄養機能食品 うなキング

うなキング3つの特徴

国産うなぎ専門店の強みを生かし、国産うなぎの骨だけを使用しています。
うなぎの骨にはうなぎの身より残留薬物が多く蓄積されますが、国内の厳しい検査に合格した骨のみを使用することで、安全な原料を確保しています。

光を調節する機能を正常化して、疲れ目や視力の低下を予防。またドライアイを改善し、白内障を予防するなど目に欠かせない栄養素のビタミンA。
このビタミンAが598μg(1日の栄養機能食品の必要量600μg)と多く含まれています。
また、老化の原因となる活性酸素を酸化から守り、若々しさを保つパワーを秘めたビタミンEも含まれています。

いつまでも健康的な毎日を過ごすために、積極的に摂りたいのが血液サラサラ成分『DHA』と『EPA』。
DHAとEPAは酸化しやすく、酸化すると本来持っているパワーを十分発揮することができません。このDHAやEPAに含まれる『オメガ3脂肪酸』は今、世界的に注目されている栄養素です。
このDHAとEPAも含まれています。

井口の縁鰻物語 うなぎが描く幸せのカタチ うなキング編

新商品キャンペーンお試し特別価格

栄養機能食品 うなキング

厳しい残留薬物検査に合格した安全な国産うなぎの骨のみを使用

今やうなぎは絶滅危惧種に指定され、大変貴重な資源となっています。
当店は、うなぎ専門店ならではの強みを生かし、国産のうなぎの骨のみを集め、原料として使用しています。
うなぎの骨は身より残留薬物が残りやすい為、規定値以下の投薬によって生育され、出荷前の残留薬物検査で合格した国産うなぎの骨のみを使用していますので、安全にご利用いただけます。

厳しい残留薬物検査に合格した安全な国産うなぎの骨のみを使用
厳しい残留薬物検査に合格した安全な国産うなぎの骨のみを使用

国産うなぎの骨に含まれる栄養

国産うなぎの骨にはさまざまな栄養が含まれています。
ビタミンAを始め、ビタミンD,ビタミンEやカルシウム、血中の悪玉コレステロールを除いて動脈硬化や高血圧の予防にいいとされるオレイン酸やパルチミン酸も含まれています。

うなぎはすっぽんと並ぶ良質な脂肪酸を含んでいます!

うなぎの本場 浜松のうなぎ専門店からお届け

当店は、伝統あるうなぎの産地浜松で創業以来一貫してうなぎだけにこだわり続け、
うなぎの美味しさのみを追求した、当店独自の手焼製法で焼き上げたうなぎをご提供しております。

国産うなぎの販売実績は200万本を超えます。
職人が一本一本手焼きにて焼き上げたうなぎは、
世界的に権威のあるiTQi(国際味覚審査機構)において「二ツ星」を獲得しております。

うなぎの井口 3つのこだわり

  • 焼き当店では、うなぎは全て「手焼き」にて焼き上げております。
    それはうなぎ1尾ずつ微妙に品質が違うからです。その微妙な品質の差に合わせて焼き上げるには卓越した手焼きの技術しかありません。
  • 水・捌きうなぎの美味しさを味わうことができる白焼は素材の質が命です。
    国産うなぎの中でも活きがよく、良質で脂のりのよいうなぎをさばくまでそのままの状態で保たないといけません。当店では地下100mから汲み上げるアルプスの伏流水を使用し、空気と撹拌することにより地下水にうなぎが必要な酸素を取り入れ、うなぎの臭みをとります。国産うなぎだけにこだわり続け、その良質さを生かしてこその白焼・蒲焼なのです。そして、長年の経験により包丁の刃の角度を微妙に変えながら、スムーズに捌くことで良質なうなぎをご提供しております。
  • たれ地元の蔵元"花の舞"の辛口酒に極上三温糖を最適な配合でブレンド。食の安全が叫ばれる昨今、皆様に安全なものを提供したいという想いから、保存料等を一切使用していない無添加のたれです。コク、キレ、そしてまろやかな甘さという絶妙の味を実現したこのたれは、「井口の極味」という名にふさわしい仕上がりです。
うなぎの井口は世界的に権威のあるiTQiにおいて「二ツ星」を受賞しておりますうなぎの井口がうなキングをお届けする理由

新商品キャンペーンお試し特別価格

栄養機能食品 うなキング
良質な脂肪酸でビタミンAの効果をアップ!!
オレイン酸・パルミチン酸・ビタミンA・ビタミンE・サラサラ成分DHAとEPAを含有!

「DHA(ドコサヘキサエン酸)」、「EPA(エイコサペンタエン酸)」とは、どのような栄養素?

DHAとEPAは、ともに魚の脂肪に多く含まれる脂肪酸の一種であり、
常温で固まりにくい「不飽和脂肪酸」の一つ。
オメガ3脂肪酸に分類されます。

また、DHAやEPAは、「必須脂肪酸」に分類され、
体内で作ることが出来ないので、常に食品から補給する必要があります

DHA・EPAの効果や効能

  • DHAとEPAには、血中のコレステロールを低下させる働きがあります。動脈硬化を予防し成人病のリスクを低減させます。
  • EPAには、皮下脂肪や内臓脂肪を減らす働きがあることが分かっています。血中の中性脂肪を減らすことで悪玉コレステロールを減らす効果もあります。
  • EPAには、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる詰まり、「血栓」をできにくくする働きがあります。また、EPAは血液が固まりにくくなる作用と常温では固まりにくい性質をあわせ持つため、血液の粘度を低下してくれます。
  • DHAやEPAには、炎症やアレルギーの原因とされる物質の抑制効果があるというデータがあります。花粉症などのアレルギー症状をの緩和に有効であると考えられています。
  • 年齢とともに減少するとされる脳細胞も、脳細胞の主成分であるDHAを日常的に摂取することで脳の中のDHAの両が次第に回復するため、その結果として脳の老化を抑えるとされています。
    特に、記憶力をつかさどる海馬には、集中してDHAが存在しており、このDHAの量は記憶力と比例するといわれています。
    また、神経細胞の末端やシナプス細胞を活性化するDHA効果によって、判断力や理解力を高める効果も期待できます。
  • DHAには、脳細胞や神経細胞を修復し、残った細胞をサポートする働きがあります。また、脳の記憶をつかさどる「海馬」と呼ばれる部分にもDHAが多く分布しています。
    これらの働きから、従来日本人に多かった脳卒中(脳梗塞)の後遺症として脳細胞が死滅することで起きる「脳血管性認知症」からの回復と、欧米人に多い海馬の細胞が萎縮して起きる「アルツハイマー型認知症」の進行を抑えることに有効であるとされています。
  • DHAやEPAには、免疫力に大きくかかわる白血球の機能を正常化する働きがあると言われています。結果的にはさまざまな病気にかかりにくくなる予防効果や、病気の症状改善効果が期待できるとされています。

うなぎ油の分析値です。

動脈硬化や高血圧、心疾患などの生活習慣病の予防や改善をするといわれる「16:0」のパルミチン酸と、健康や美肌になくてはならないビタミンAを安定させ助ける成分「18:1」のオレイン酸が豊富に含まれています。

分析試験成績書

うなキングができるまで

製造工程
うなキング

うなぎキングの1日(3粒)の 分析値です。

視力の正常化や、皮膚や消化器官の正常保持にいいとされる「ビタミンA」や活習慣病を予防し、 末梢血管を広げ血行を良くする働きがあるとされる「ビタミンE」が含まれています。

分析試験成績書

お客様の声

  • Y様
    60歳を過ぎた頃から体力もなくなり、趣味のツーリングも運転に不安があり躊躇していたところうなキングを家内からすすめられ、試しに飲んでみました。
    今では体力も充実し、視力もよくなったように感じ、趣味のツーリングも楽しみになりました。
    これから風光明媚な名所にもたくさん行きたいと思います。
  • K様
    趣味でゴルフをやっています。年齢と共に視力が落ちてきたと感じていた時に、うなキングを友人の紹介で知りました。以前までは打った球が見えにくかったのがよく見えるようになってきました。
    仕事柄、体力を使う事が多く毎日クタクタになっていましたが翌朝には疲れが取れて、すっきりした気分になります。これからも、うなキングを飲み続けていこうと思います。
  • O様
    会社経営をしておりますので、日ごろからパソコンでの資料作りや会議が非常に多く、仕事が深夜に及ぶこともあります。視力はもともと0.03と極度の近視なので、目が疲れやすく、それが頭痛や肩こりの原因となっています。
    「うなキング」を毎日3粒飲み始めてからは、頭痛や肩こりがほとんどなくなりました。目の疲れが少なくなったと思います。ハードな仕事では1週間乗り切ることが重要ですので、体力面と栄養面の管理が重要と思い、「うなキング」と「ジョギング」のダブル「キング」で頑張ります!
栄養成分表示 1日の摂取目安量:3粒(1.3g)あたり エネルギー 9.47kcal たんぱく質0.3g、脂質0.9g、炭水化物0.04g、
食塩相当量0.01g、ビタミンA598μg(70%)
※注、ビタミンE5.51mg(85%)
※注)栄養素等表示基準値 2015(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合